K-GP

【Foodex Japan 2017】ご当地グランプリ金賞受賞―旧海軍カレーかつ―

s_旧海軍カレーカツ 日本遺産

2017年3月7-10日に開催されたFoodex Japan2017における「ご当地フードグランプリ」にて、弊社主力商品の一つである「旧海軍カレーカツ」が金賞を受賞いたしました。
ひとえにこれまでご愛顧いただきました皆様のおかげです。
ありがとうございます。

【ご当地フードグランプリとは】
アジア最大級の「食」の展示会FOODEX JAPAN2017に来場する「食」のプロが審査員
ご当地グルメブームの中、新たなご当地フードが発掘される。
今年のテーマは4年ぶり2回目となる「ご当地牛乳」と
今回が初開催となる「ご当地お菓子(常温賞味3ヶ月以上)」。
審査員は毎日300名合計1200名づつに審査頂きました。

【審査方法】

全部で4段階の方法で審査して頂きました。

  1. お客様1人2品までご自身で食べてみたい商品をピックアップ
  2. 見た目審査
  3. 試食審査
  4. 投票

【審査概要】

お菓子のジャンルは広く、いろんなジャンルの商品がある中で、今回はあえて常温で90日以上の賞味期限をもつ商品を募集しました。

FOODEX JAPANでのアンケートでもバイヤー各位の希望に、お菓子の発掘への期待感が多くあり、なおかつ世界から多くのバイヤーを集める日本最大級の食の展示会であることをバックボーンとしての選択でした。

ナショナルブランドも同じカテゴリーの商品を作っているものの、素材やテーマが地方食に彩られた「ご当地お菓子」は、日常的に売り場で見るものでは無いものの、「地方ならでは」「ご当地ならでは」という商品は、消費者に大きな魅力になることは、多くのバイヤーに認知されていることだと思います。

審査会場で目だって選定されていたのが、ご当地名物や食材との融合された商品でした。当然といえば当然の結果なのでしょうが、ご当地グルメや地方食にとどまらず、地方らしさ、地域らしさと、日常食べているお菓子との融合は、ほどよいギャップ感を産み、多くのバイヤーを魅了してくれました。

それらは、多くのナショナルブランドも、地方限定味などの展開をしているにもかかわらず、地域メーカーならではの着眼点で商品を開発した商品群は非常に魅力的なものとして評価されていました。

お菓子はハッピーフードとして、食べる人を笑顔にしてくれるものであり、嬉しさや楽しさもあると思いますが、今回の審査でも、遊び心やユニークな仕掛けが点数として、評価をされており、地域性や美味しいだけではなく、包装紙や商品の色や形にも独自性が感じられ、多くの審査員を魅了してくれました。

常温賞味期限90日という難しいカテゴリーではあったものの、その中で出来うる想像力や商品力が伝わったのではと感じております。

この記事を書いた人

大塩和孝(しおぴー)(株)すぐる 東京営業所
慶應義塾大学 理工学部卒業後、株式会社リコーへ入社。
新規事業領域のインク開発業務を担当するも、空の青さに惹かれ株式会社すぐるへ転職。駄菓子のビッグかつやおつまみの姿フライの営業活動と並行し、HPの管理・運用を行う。
業務の傍らでグロービス経営大学院に通学中、目指せ踊れるMBAホルダー!

個人ブログはこちら↓↓
http://shiop.hatenablog.com/

投稿者:

大塩和孝(しおぴー)

慶應義塾大学 理工学部卒業後、株式会社リコーへ入社。 新規事業領域のインク開発業務を担当するも、空の青さに惹かれ株式会社すぐるへ転職。駄菓子のビッグかつやおつまみの姿フライの営業活動と並行し、HPの管理・運用を行う。 業務の傍らでグロービス経営大学院に通学中、目指せ踊れるMBAホルダー! 個人ブログはこちら↓↓ http://shiop.hatenablog.com/